FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みのもの月(1)

p.214の男⇒女への手紙に戻る直前までのメモを以下に。
忙しいが少しずつでもメモっていかうと思ふ。(笑)

===
■登場人物
1.女(蓬の宿=ヨモギなどが生え茂って荒れ果てた家。)
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/228440/m0u/
祭りの日、男が家の前を通過したことに「神さびた力」で気づいていた。

2.男(内裏)
女との激しい恋に耐えられない。疲れてしまった。自ら「ひよわい男」だという。

3.友だちの少将。男を「夏虫」と呼ぶ。⇒祭りの日に女の家に来た。
1.2.の仲介役?

4.男がいま通っているところの女(東の受領の女)
※p.203「桂の如き君」=高貴な女の意味。

■展開メモ
p.209~ 男が少将に充てた手紙

p.213~214「君は艶にうつくしく荘厳されたみ寺がほのほにつゝまれてもえおちようとするとき、もえ頽[※ルビ=くづ]れるがまゝにまかせておくこそほんたうの法師の心ばえとはおもはぬであらうか。」⇒前作「苧菟と瑪耶」の燃える船や「金閣寺」の燃える金閣、を連想させる。

===
p.214~の男逆ギレ手紙から、いよいよ物語が動くのか?
でも明日早くから仕事なんで・・・これにて、おやすみ。
関連記事

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウザワ・K

Author:ウザワ・K (株式会社ヘンテコ・インターナショナル

三島由紀夫の本
Amazonで「三島由紀夫」を検索
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
銘記せよ! 三島語録
(…)われわれは戦後の日本が経済的繁栄にうつつを抜かし、国の大本を忘れ、国民精神を失ひ、本を正さずして末に走り、その場しのぎと偽善に陥り、自ら魂の空白状態へ落ち込んでゆくのを見た。政治は矛盾の糊塗、自己の保身、権力欲、偽善にのみ捧げられ、国家百年の大計は外国に委ね、敗戦の汚辱は払拭されずにただごまかされ、日本人自ら日本の歴史と伝統を涜してゆくのを、歯噛みをしながらみてゐなければならなかつた。(…)
「檄」楯の会隊長 三島由紀夫
保阪正康『三島由紀夫と楯の会事件』(角川書店[文庫版]、2009年)p.19より引用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。