FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「館」:解釈(4)

 さて、登場人物図に戻って2点だけ指摘しておきたいところがある。"盗みをする貴婦人"(pp.71-73)が女料理人の影絵のような存在である点。そして「奥方」が神に祈るシーンが「鈴鹿鈔 附 狸の信者」にそっくりである点だ。

 まず、盗みをする貴婦人。彼女は美しくて身なりもよく、気品ある人物として描かれる。しかし:

(…)気品のある面(おも)にも似ず、目が妙に暗く、いづこをみつめてをるのやらはつきりせぬやうな目つき、機械(からくり)のやうにおどおどしておちつきがなく、まなこだけでかほぢゆう[※顔中]のきひんをなくしてをるやうにかんぜらるゝ(…)(p.71)

 これは女料理人と対照的である。女料理人は祖母と母の「美貌の恩恵」は受けていない(p.76)、つまり美しくはない。落ちぶれていて身なりも悪いだろう。しかし彼女は「まりあな家」の気高い血筋を引いていて、今もその矜持を大切に生きている(その様は「手前」からは侮蔑されているのだが)。見てくれは貴人ではないが、反骨心があって目に力がこもっているタイプだろう。

 もともと高貴な出である2人がこのように対照的な生き方に分かれたと考えられるが、結局のところ両方とも殿さまに殺されてしまう(救いようがないですなぁ、このハナシ…)。

 次に、奥方について。奥方は「世にもまれな美くしいおかた」であり、勿体ないものを見て目がくらむような思いがするとまで書かれている(p.61)。大絶賛である。

 しかしその後、殿さまと奥方が神を巡り論争するくだり(pp.80-86)で、「手前」にとって奥方の存在は異化され、「おくがたの御言乃葉が一から十まで、偽善に自己満足におもはれる」と手のひら返しの評価になっていく。

 そのきっかけは、奥方がひとり祈祷するところを「手前」が覗きこむシーンである。

===
 [※奥方は]祈祷の文句をしきりにつぶやいていらつしやいました(…)さうかうしてゐるうちに、なにゆゑか、ふいに肌に粟立ち、せすじのさむくなるやうなきぶんがぞつとてまへのこゝろをよこぎり……はい、おのれのひかへべやに、いそぎかへつたのでございました。(pp.84-85)
===

 これは2作前の作品「狸の信者」で、老婆の信者がする祈祷に恐れを抱いて「『行きませう』わたしは激しく父母を促した。」(p.46)箇所とそっくりだ。現実の旅行先でのエピソードが、ここにパッチワークのように当てはめられている点に注目しておきたい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウザワ・K

Author:ウザワ・K (株式会社ヘンテコ・インターナショナル

三島由紀夫の本
Amazonで「三島由紀夫」を検索
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
銘記せよ! 三島語録
(…)われわれは戦後の日本が経済的繁栄にうつつを抜かし、国の大本を忘れ、国民精神を失ひ、本を正さずして末に走り、その場しのぎと偽善に陥り、自ら魂の空白状態へ落ち込んでゆくのを見た。政治は矛盾の糊塗、自己の保身、権力欲、偽善にのみ捧げられ、国家百年の大計は外国に委ね、敗戦の汚辱は払拭されずにただごまかされ、日本人自ら日本の歴史と伝統を涜してゆくのを、歯噛みをしながらみてゐなければならなかつた。(…)
「檄」楯の会隊長 三島由紀夫
保阪正康『三島由紀夫と楯の会事件』(角川書店[文庫版]、2009年)p.19より引用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。